2016年9月11日日曜日

WarfieldでのPerfumeのきらめき

原文:Perfume dazzle at the Warfield

 日曜の夜、もしもあなたがWarfieldを通り過ぎてたら、Perfumeのライブを待つファンによる長蛇の列を見たでしょう。
 日本の"girl-pop band"のライブは、何回もの衣装替え、LEDの衣装、シンクロして飛行するドローンにより完成され、熱狂的なファンを失望させるようなことはありませんでした。 ー全ては最初の曲で起こったことです。
 観客との交流では、コスプレしてきたファンに呼びかけ、何人かの若い観客と話して、Warfieldにほど近いショッピングモールへ買い物に行きまくった話を面白おかしく語り、さらには誕生日の観客に"Happy Birthday"まで歌いました。

 もちろんそれは”音楽は大した事なかった”という意味ではありません。
観客は夜遅くまでライブを楽しみ、あなたがPerfumeをあまり知らなくても、とても印象に残るライブとなったでしょう。


以下の写真は私たちの写真家ロバート・アランの宝庫です。 ー観客への変わった注意書きや、もちろんコスプレファンも!


Perfume - Fun With The Audience (San Francisco 8/28/2016)

2013年7月9日火曜日

World tour 2nd



パリ公演が終了し"World tour 2nd"も全公演が終了しました。
パリ公演もとても素晴らしかったみたいです。

フランスではPerfumeは、人気のあるJ-popアーチストで1位に選ばれたりしてるので、さぞかしライブは盛り上がったんじゃないでしょうか。
ライブビューイングも最初はパリ公演の予定だったのでは?とか思っちゃいますね。


ちなみに私は今回のロンドン公演のライブビューイングに参戦する事が出来ました。
とても素晴らしかったです。セトリ、演出、会場、観客すべてが最高でした^^

前回の"World tour 1st"のLVにも参加出来たのですが 、その時は映画館の音量がなかなか小さく、結構ガッカリめな感じでした^^;
今回初めて地元の映画館でLVを見る事が出来たのですが、音量は丁度良かったですね。

周りの話を聞いてみると、会場によっては音量や盛り上がり方が随分違ったようで、私は運が良かったみたいですね。
 やはりライブビューイングでは、音量はかなり大事ですね〜。
基本大きめに設定してもらいたいものです。異存がある人はいないのではないでしょうか。


 ロンドン公演はチケットが2時間程で完売し、急遽会場を2.5倍程大きいO2 Shepherd's Bush Empireに変更してチケットを再販しましたが、それもすぐに売り切れるほどの人気ぶりだったそうです。
 それもあってLVはロンドン公演になったのではないでしょうか。

 O2 Shepherd's Bush Empireはさすがロンドンって感じの素敵なライブハウスですね。キャパの割に奥行きもそんなに無く、小さめの武道館みたいな会場みたいです。
 LVもあの会場だったからカメラ映えが良かったんでしょうね〜^^


[ set list ]
Spending all my Time - Extended Mix
Magic of Love
ポリリズム
MC(ダニエル)
O2 Shepherd's Bush Empire
レーザービーム
Spring of Life
Seventh Heaven
スパイス
衣装替え(Handy Man - Instrumental)
だいじょばない
エレクトロ・ワールド
P.T.A.のコーナー
Fake It
Dream Fighter
チョコレイト・ディスコ
My Color
アンコール 
Glitter

今回のセトリは演出も含めホント好きですね〜。
一発目はカンヌでのパフォーマンスでぶちかまし、そこからmolで繋げて、ポリで一旦締める。
ちなみにカンヌのをやったと私も含めみんな言ってますけど、ライブでやるつもりの物をカンヌでやったんですよね^^; カンヌではセットが少し間延びした印象もありましたが、ライブではピッタリでした。

そして楽しいトークの後一押しの代表曲で攻めて行き、そろそろ落ち着いてきたな〜ってとこでのSeventh Heavenですよ^^ いいチョイスですよね〜。 隣のおじさんは知らない曲だな〜っていいながら聞き入ってました。

 そこからスパイスで締めて、着替え曲はHandy Manのインスト!
ちょっとHandy Manはライブで歌い上げるのは内容的にどうかと思ってたんですが、上手い事映像付けてインストで使ってきましたね。

復活した トコでだいじょばない⇒エレワときて、最近よく使うPTAからのFake It!!
ライブでのFake Itは最高ですね^^

終盤は字幕付きのドリファからチョコ(originarl×2012-Mix)でMy Color
 アンコールはねぇ、ltw、Glitterから観客が選びGlitter!

World tour 1st の時は「海外の方はこんなのが好きなんじゃないですか?」 みたいなセトリでしたが、今回は自信を持って「やっぱりPerfumeはこうですよね!」って感じのライブだったと思います。とても素晴らしかったですね〜。

きっとLV見てた方々も含め、みんなとても満足されたんじゃないでしょうか?

海外は良質なアーティストにはとても注目するので、今後の反応が楽しみです^^

2012年7月30日月曜日

"Spending all my time"

 もうすぐ"Perfume 3rd Tour「JPN」"のDVDがいよいよ発売されます^^

みなさん "LIVE@TOKYODOME" DVD(初回限定版) の在庫切れや、"3rd Tour「JPN」" のLIVEチケットの争奪戦を経験してきたためスゴイ勢いで予約に殺到したみたいです。
 ネット予約・店舗予約ともに信じがたいスピードで初回限定版は品切れになってしまいました。

Amazonのレビューには発売前にもかかわらず、現時点で75件の投稿が寄せられ商品不足に対する批判が商品評価を下げるという異例の事態になってます^^;。

  実はtwitterに"Amazon人気商品予約・販売再開情報"というものがあります。
これを見ると現時点(7/30)で1500回近く販売再開されているのが分かります。一時期はAmazonでも半日ほど在庫があったようです。
頑張って増産してくれてるようですが、特別梱包でブックレットも付くため簡単にはたくさん作れないのではないでしょうか。
 ちなみに"Amazon人気商品予約・販売再開情報"を上手く使えば、品切れ後でも予約できるチャンスが広がります。
 私も試しにやってみたところ上手くいったので、勢いで初回限定版2枚目を注文してしまいました^^;
 ここ最近ではかなり注文しやすくなっているとも聞きます。
 予約まだの人はチャレンジしてみてはどうでしょう?



 最近のPerfumeはニュースだらけですね。

 初のアジアツアーの決定!オールスタンディングでのライブハウスツアーとのことです。うらやましい^^

 そしてPerfume Global Compilation "LOVE THE WORLD"のリリース決定!義理堅い事にTOKUMAJAPANからの発売です。

 「セカイガ キラキラ ハジケル SUMMER PROJECT」なんてのもありましたね。
3Dホログラフィック映像は衝撃的でした。ぜひアジアツアーはコレで行って欲しいですね。
ユニバーサルの方は「海外LIVEではPerfumeの喋ってる事を瞬時に翻訳し伝達するシステムを考えている」と言っていたのでピッタリだと思います。翻訳が3Dで表示されたらカッコいいでしょうね~。

 先日のPerfume LOCKS!では"Spending all my time"が初オンエアされました。
 "Spending all my time"は最近では珍しく賛否両論あるようですね。否定的な意見では「Perfumeらしくない・・・」、「なんかピンとこない・・・」という意見のようです。

私はというと、、、実は結構違和感がありました^^;
"全体のバランスが悪い"のではないか?"ystkらしくなく、歯切れが悪い"ような気がする?といった感想です。

 しかしなぜそう感じるのか分からない。この曲を自分の中で、どう位置付ければいいのか分からず中途半端な感じだったのですが、「ROCKIN'ON JAPAN」 2012年9月号の記事で成る程と思いました。
 
 >それで、移籍第二弾の"Spending all my time"が、かなりダンスミュージックの要素が強いテクノで、ほぼ英語詞っていう。
"JPN"と"Spring of Life"の流れから大きく切り替わると思うんですけど、まず聴いた時はどうでしたか?

のっち : 3人ともほんとうに驚愕の全英語で、日本語も入っていなかったし。

あ~ちゃん : 最初は一個もなかったから。

のっち : 今までの流れからしても、次のシングル英語ってどうなの? って。中田さん確かに世界を見てつくってくれてて、Perfumeのことを考えてくれてるのかも知れないけど、やっぱり違和感あるよなって思って。で、『日本語入れてください』ってみんなでお願いしたんですよ。で、ちょっとだけ入ったんですけど。全然イメージつかなくて。例えばミュージックビデオだとか、テレビで歌うとか。

あ~ちゃん : イメージはつくんだけど、そっちに行きたくなくて。

かしゆか : そのイメージは良くない。私たちにない。

ー中略ー

のっち : うん。でも中田さんの曲は絶対にかっこいいし、中田さんの思う方向についていきたいって思いがあって。で、大丈夫かなと思いつつ、この曲がA面になり。 
大丈夫かもって思ったのは、ミュージックビデオを何のイメージも伝えずに曲だけを聴いてもらって、田中(裕介)監督にお願いしたんですよ。来た案とか衣装の感じとかイメージを聞いて、PVも撮ってみて、すごく印象が変わって。イケイケの港区、クラブ、露出の高い姉ちゃん、みたいなイメージからガラッとシュールな感じも入って、すごくかっこいい曲だってちゃんと思えるようになって。だから、今は好きです(笑)。


 これを読んで自分はやっぱりystk側からPerfumeを見てるのかな~と思いました。
 この曲に日本語の歌詞が付いてることに違和感を感じていたのです。英語のパートも和製英語として聞いていましたね。
 つまりこの曲には英語の歌詞の響きがとても良く合うと思うのです。


 試しにもう一度"Spending all my time"を英語の歌詞の曲と思い、日本語のパートもあまり気にせず聞いてみました。するととてもしっくりきました^^
 Perfumeをあまり知らない外国の方にも同じように聞こえると思います。


 こうして考えてみるとystkは自分の目的もPerfumeの願いも両方叶えたのだなと思いました。

 "Spending all my time"素晴らしい曲ですね^^

 みなさんはどう感じたのでしょうか。

2012年5月13日日曜日

2nd武道館最終日

 武道館の追加公演終わりましたね。私はまったく参戦できませんでした^^;。

 最終日の12日は、チケット抽選に外れた音漏れ参戦組が200人以上集まったみたいですね。

最高時は500人ぐらいまで行ったって話です、スゴイですね~。

あ~ちゃんはアンコールのMCで(音漏れ参戦組が,200人以上もいると聞かされて)

「200人っていったら、O-CrestやBOXX埋まっちゃうよ」と言って泣いちゃったそうですね^^。




「音楽と人」2008年12月号

 2008年の『BUDOUKaaaaaaaaaaN!!!!!』の時の写真です。結構有名な写真ですね。

この頃の3人にとっては武道館2daysは大きすぎる目標でした。

初めて2daysでやるって聞かされたときはあ~ちゃん「2日は無理!!」って言って泣きそうでした。

写真からは”不安”や”覚悟”が 伝わってきます。

後ろの武道館が3人にプレッシャーを放出しているようです。

武道館はやっぱりスゴイんですね。




 今回の武道館は追加公演扱い、しかも4days。それでも今回のような騒ぎです。

Perfumeの成長を感じずにはいられません。

人気アーティストがライブハウスでやっちゃったみたいな感じです。もう武道館4daysでもハコのサイズが合いませんね。

そういえば今回のJPNツアー、さいたまスーパーアリーナは3万人収容タイプのスタジアムモード2daysでした。

 スーパーアリーナはスタンドが可変式で、普通はホールモード(6000人収容)、かなり人気のあるアーティストでも大抵アリーナモード(2万人収容)を使用します。

 スタジアムモードを使用するのは数年ぶり、過去にも14組しか例がありません。

ほんとPerfume大きくなったんですね~。

しかし大きくなっても細やかな気遣いがPerfumeのPerfumeらしいトコです。

 武道館は、5月は規則で冷房を入れられないそうです。初日はサウナ状態だったみたいですね。

そこであ~ちゃんは冷房を入れるようにアミューズの上の人にお願いしたようですが、無理だったので、スタッフでMCの間にドアや窓を開けて換気することにしたそうです。

素晴らしい気遣いですね。

アンコールのMCでは音漏れ参戦組にも「外のみんな、ありがとー」と3人で叫んだそうです。

こんなアーティストがホントにいるんですよ。

ちなみにMIKIKO先生も窓から音漏れ参戦組に手を振ってたみたいです^^。


『BUDOUKaaaaaaaaaaN!!!!!』の時の柵

 それと今回はステージ周りの柵を作らなかったようです。

少しでも座席数を増やしてあげたかったんではないでしょうか。

ファンを信頼してるんですね~。

それでも警備のバイトはPTAの時に「外内外外」「グルグルグルトントン」をみんなと一緒にやれるぐらい余裕あったみたいです。





かしゆかはMCで「Perfumeにはいっぱい神がいて、照明、振り付け、PA、カメラマンも神。

ふつうなのは私たちだけ」って言ってたみたいです。

 そういえば、あ~ちゃんも以前「GAME」でオリコン1位を取ったとき「いくら歌っとるだけゆーても、嬉しいわ」って言ってました。

 当時は私も周りの力が大きいよな~と思ってましたが、今ではこの3人だからなんだな~、とよく思います。

 3人は未だにそう思ってるんですね~。

Perfumeらしいです。

3人こそ神ですね。

きっと神は神を引き寄せるんですね^^。



2012年5月1日火曜日

今まで周りにあわせてやったことで、最終的に満足したことって、たぶんない気がする。


MusicLoversにPerfume出ましたね~。

期待通りにLIVEもトークもとても良かったです^^

やはりMusicLoversにハズレなしですね。

前日にはあまりの期待から?「今夜はPerfumeのMLですよ」と間違ってツイートしてしまい、気が付いたときにはそれを指摘するやさしい@ツイートに包まれてました^^;

 土田の衝撃的に、 収録してる時も収録が終わった時も合間も変わらないんですよ。こんな芸能人見た事ないって言うぐらい、良い子3人だったんですよ。俺の中で。って台詞がお気に入りです。

パフュクラさんにしてみれば当り前ですけれど、TVで言ってくれると気持ちいいですよね^^

土田の人柄から、信頼感がハンパ無いですし、普通に見てる方や、まだ浅いファンの方には重要なコメントになったと思います^^



 最近は世界進出や事務所移籍、JPNツアーやsolの発売まであったので、あちこちに色々記事が出ています。

めずらしくystkもPerfumeのレコーディングについて語ったりしてます。

結構知らなかった事やハッキリした事など色々あって面白かったですね。

中でも「音楽と人」5月号のパーソナル・インタビューは、今までより踏み込んだ発言が多く、移籍や海外進出に対しての考えも、それぞれが明確に答えてました。


あ~ちゃん : ー 前略 ー 環境が変わって、新しい方にたくさんお会いするんですけど、どなたもPerfumeの音楽を純粋に愛してくれる人たちばかりで。だからこそ、私たちがもっと良くしていけるところはたくさんあると思うから。今、向上心に満ちてますね。

>でも前回インタビューで、Perfumeを理解してくれる人が少なくなった気がする、って言ってたじゃないですか。

今回の移籍という選択で、よりそれが強くなる気もするんですけど。(前回、TeamPerfumeも人が増えて、崖っぷちPerfumeを知らない人が増えてきた。それで新しい大きな目標が欲しかったトコに世界進出がピッタリはまった、とか話してた。)

あ~ちゃん : 移籍に関しては全然関係ないですね。あれはもっと内側の話で、それは時間のかかることだから、すぐ変わることでもないんです。ー 中略 ー こんなに前向きにPerfumeのことだけを考えてるのに、どうしてそんなふうに捉えるの?ってすごく悲しく思ってた時だったから。


あ~ちゃんはPerfumeを代表して色々な場所に出て話とかしてるんじゃないでしょうか。

ファンにも見えにくいトコで、たくさん努力してる気がします。


あ~ちゃん : ー 前略 ー (移籍は)決断するのに2年くらいかかりました。話はもっと前に出てたんですけど、私たちにとって初めてのことなので、なかなか踏み切れなかった。

>昔からずーっと一緒にやって来たもんね。

あ~ちゃん : 一緒に夢を叶えてきた同士ですよね。

腕をもぎ取られて、大事なものを置いてきちゃう感覚で、振り切れない思いがたくさんあった。

でもこれは、Perfumeの夢イコールみんなの夢を叶えるための1つなんだって捉えたら、ウジウジしていてはいけないって思ったんです。ー 後略 ー
 
あ~ちゃん : ー 前略 ー だって海外とか苦手なんですよ、実は(笑)

あ~ちゃん : 出来れば行きたくない。英語も喋れないし(笑)。日本語でもなかなか自分の思いがちゃんと伝わらない悔しさを感じてるのに、世界に行ったらどうなっちゃうんだろう?って不安があります。

だけど音楽は、言葉がなくても伝わるものがあるってみんな言ってくれるし、自分もそれを信じたいんです。ー 中略 ー 中田さんの音楽を私たちを通して伝えたい。そして日本の音楽シーンをPerfumeを通して伝えたい。日本をもっと知ってもらって、もっと好きになってほしい


あ~ちゃんはやっぱり、海外苦手なんですね^^;

まあ海外行ったら行ったで、どうにかしてしまいそうですけどね~^^


海外進出は"やりたいことと言うより、やるべきことだなって思います"と続けてます。

ちょっと意外でした。そーいう気持ちだったんですね~。



>まず世界進出ですが、前回のインタビューですでにそれを意識していることは伝わってきていました。正式に発表となったわけですけど、どんな気持ちですか?

のっち : コレはちょっとだけ予想してたことですけど、私たちと皆さんで、世界進出という言葉の捉え方に、ずいぶん開きがあるんだな、と思いました。 ー 中略 ー あ~ちゃんが考えてくれたコメントや、かしゆかのブログの内容が素晴らしくて、そこに全部詰まってるな、と思いました

> 自分の言葉で言いなさい(笑)。


のっちですね~^^;


のっち : あはは。進出って言うけど、アメリカを拠点にして世界で活躍したいわけでなくて。
 Perfumeっていう3人組がいて、それを好きな人が世界の色んな所にいて。その人たちが心から楽しんでくれたらそれでいいなっていう気持ちなだけで。だから成功も失敗もないな、って思うんですよ。やるからには結果を、とか、そういう気持ちはあまりないかな


のっち : ー 前略 ー 個人的に、もっとテクノ寄りでバキバキな曲も聴きたいな、とは思いますけど、世界が視野に入ったからそれをやろうとか、英語でやってみようとか、アジアっぽさを強調してみようとか、そういう姿勢は怖い・・・・・・というか危ないなあと思いますね

>危ないというのは?

のっち : 今まで周りにあわせてやったことで、最終的に満足したことって、たぶんない気がする。もしそれが成功したとしても、心から楽しめない気がするし。自然にやらなきゃって思うんですよ。 ー 後略 ー


ホントその通りだと思います。今回凄く理想的な形での世界進出だな~と驚いてましたが、Perfume自身がしっかりした考えを持ってた部分が大きんだな~。と思わせられるコメントで
した。



> (海外進出ということで、これから)どんなことをやったら面白いでしょうね。


かしゆか : いや、今のままを見てもらいたいです。海外だからって強く意識せずに。

あえて英語で唄おうとか、今のところ考えていないし。

あと大事な事は、今までの歩みを忘れないようにすることです。スタッフやファンの皆さん、常に周りの人がいてくれたから今のPerfumeがある。それを捨てていくつもりはまったくないので。

ブログに一回書いたんですけど、私たちだけがPerfumeじゃなくて、みんなで作っているプロジェクトだ、って感覚は変わらないから。はなれていくわけじゃないんだよ、ってことはちゃんと伝えたい


今まで通りやって行くのが大事との考えは一致してるんですね。

今まで通りやらないと意味ないですもんね~^^

3人とも思った以上にしっかりした考え方だったので、感心しました。



私にとってはとても素晴らしいインタビューでした。

投稿はほんの一部なので、気になる方はぜひ全文読んでみて下さい^^

 「音楽と人」5月号:Amazon

2012年4月1日日曜日

BVH!? MMD?! VMD??

広島グリーンアリーナ、やっぱりすごいみたいですねー。

開演前の拍手が凄くて、かしゆか感動して泣いちゃって開演遅れたみたいですね。

そんな調子で最後まで激熱で感動のステージだったそうです。

初日でコレなら2日目はどうなるんでしょうね^^;
 
 

3月30日「Perfume global siteでモーションキャプチャデータ配布」とのニュースが流れました。

 「そんなもん配布してPerfumeファンで作れる人がどれくらいいるんだろう?」と思ってたんですが、昨日ぐらいからどんどんUPされてくるんですΣo_0!?

 「オカシイ!? あんな高度で手間のかかるものを、しかもこんな短期間でそんなに作れる人がいるなんて!?」

 UPされてる動画をみていると、「BVHデータをMMDにインポートしました」「私はまったくの素人です」などの記述が見られる。

 「素人でも出来るのか!?BVHはglobal siteからのダウンロードデータだよな!MMDってなんだ?」

 ググッてみると 「MikuMikuDance」が出てきた。

 「例の初音ミクか! フリーソフトなんだ! みんなコレ使って作ってるのか?」

 早速ダウンロードして起動。 WAVファイル(サウンド)は読み込みOK。

 しかしBVHファイル(モーションデータ)を読み込まない。 なぜだ?

 またググッてみるとBVHファイルをVMDファイルに変換しないと読み込まないようだ。

 「面倒だな。。誰か変換してUPしてるんじゃないか?」

 案の定UPされていた。 しかしまた読み込まない。

 調べてみるとMMDのバージョンが古かったようだ。 またダウンロード^^;

 今度は読み込んだ^^ ついでに使えるキャラが増えている。

 そしてキャラがついに音楽に合わせて動き出した!こんな短時間でここまで出来るなんて!?

 別キャラや背景やカメラワークまでネットにたくさんUPされている。

 ここ数年でCGはこんなに進化してたのか。。。

 一通り出来るようになったが、カメラワークだけ困った。

 global site用のもあったが自分好みでない。しかし一から作るのは大変そうだ。。

 そこで数パターン動画にして、編集してみる事にした。


そんなこんなで、ついに動画が完成!

その日の内に出来るとは^^; 早速UP!


 出だしの音がちょっと変になったけど、なんとかUPまでこぎ着けました^^

 すごいな~、ほんとに素人でも出来るんだね~。

 そのウチ気が向けばまた制作してUPしてみようかと思います。

 


 


2012年3月30日金曜日

Starry Sky

暖かくなってきましたね~。草木が元気になってきました。

ウチに遊びに来る猫も子供を生んだせいか、なんだかテンション高いです。


いよいよ広島グリーンアリーナが近づいてきました。

JPNツアーあちこちで盛り上がってますが、その中でも特別の盛り上がりを見せそうなのが広島ですよね。

世界デビューを果たしての地元凱旋ですか、行ける方うらやましいです^^;



capsuleの"Starry Sky"です。

さっきツベ友のANZUさんがぐぐたすに投稿してました。

私はこの曲でcapsuleのファンになったんです。

私にとっては特別な曲ですね。

ystk歌ってないんですけど、もの凄く歌ってるんです^^



 以前テレビでイギリスのミュージシャンが「歌の成分」について話してました。


"音楽と言うものは一般の人にとってはそんなに楽しめるものではない。しかし優れたボーカリストには「曲」を多くの人が楽しめる「歌」に変える力がある。それが「歌の成分」だ。"


 私はystkはそれが凄く分かった人だなと思ってます。


 いずれ素晴らしいボーカリストが彼の元から生まれるだろうと思ってましたが、最近JPNを聞いてPerfumeは素晴らしいボーカリストになったんだな~と感じました。


 そして坂本龍一の「戦場のメリークリスマス」やリゲインのCMだった「energy flow」なんかに感じるのですが、ボーカルの入ってない曲でもまるで素晴らしいボーカリストが歌ってるように感じる曲があります。

 soundに「歌の成分」が入ってるんですね。ystkの曲にもそれを感じる事があります。

 "Starry Sky"が最初にそう感じた曲でした。素晴らしい曲だと思います^^


今回のcapsuleのnew albumにもそう感じる曲があります。


"Feelin' Alright"とかは特にそれを感じますね~。



http://www.youtube.com/watch?v=AiMk4RE7hQk それとPerfumeの新曲"Spring of Life"からもそれを感じるんです。


 発売日が待ち遠しいです。


 この曲で実質世界デビューですね。

 この曲が世界デビュー曲になって良かったです^^





※追記

音楽好きの方は聞けるけど、そうでもない方には、聞いてられない楽曲ってありますよね。

そんな 「曲」でも優れたボーカルを付けるとみんなが聞き入るような「歌」になったりします。

また「曲」だけでも、音楽好きじゃない普通の方が聞き入ってしまうものも稀にあります。

Perfumeの凄い所はその両方を兼ね備えてるトコだと思います。